新聞記事にみる茨城地域の炭礦と社会 昭和編 2


書 名 : 新聞記事にみる茨城地域の炭礦と社会
  昭和編 2
編者名 : 炭礦の社会史研究会
出版 : 炭礦の社会史研究会
出版地 : 茨城県水戸市
出版年月 : 2003,3
価 格 :3000円 
ページ数 :367p
大きさ :21cm
抄 録 :          序
: 前巻の新聞記事史料集『昭和編一』を刊行した1997年は、三井三池炭鉱が閉山となった年であった。それから6年の間に、九州の松島炭鉱が閉山となり、ついで日本で唯一残った釧路の太平洋炭鉱も閉山となった。(中略)
: 本巻が対象とする期間は、敗戦直後から、石炭が「黒いダイヤ」と呼ばれた炭鉱の全盛期を経て、やや陰りの見え始めた1954年までである。(中略)
: 私たちの新聞記事史料集の編集はもう1巻増えることになった。後日、『昭和編3』として刊行の予定である。 
:            炭礦の社会史研究会
内 容
:  第一章 茨城地域の炭田概況
  第二章 石炭会社・経営
  第三章 石炭輸送・販売
  第四章 炭礦労働・争議
  第五章 炭礦災害
  第六章 炭礦生活
  第七章 炭礦と地域社会
  解説
  あとがき
所 蔵 :いわき市立図書館、東部石炭懇話会
備 考
:  「炭礦の社会史研究会」
  〒310-8512 水戸市文京 2−1−1
  茨城大学人文学部地域経済研究室気付
(編集) 相沢一正 海老沢直史 柳橋政義
     斎藤典生 島崎和夫
弘文堂書店 日立市幸町1-4-10
     電話 0294-23-2233    FAX 0294-24-2235  
尚、弘文堂では「明治大正編「昭和編1」「聞きがたり茨城の炭礦に生きた人たち」(各2000円)も扱っています

戻る