結城良一句集 弥勒沢


書 名 : 句集 弥勒沢
副書名 : 
著者名 : 結城 良一
発行者 : 結城 良一
出版地 : 福島県いわき市
出版年月 : 2004.11.3
価 格 : 非売品
ページ数 : 171p
大きさ : 19cm
抄 録 : (巻頭の一句)
 「星空に探すボタ山寒波急」
: (巻末の一句)
 上高地
 「サングラス河童橋にて外しけり」  
:「あとがき」
 嘉永6年浦賀にペリー来航、石炭を燃料とする黒船の出現であった。いわきの材木商片寄平蔵が、石炭の将来性を考え必要に石炭を求め探し当てたのが、夏井川の支流新川の上流部、内郷白水の弥勒沢であった。常磐炭田の開祖とされる所以である。石炭発見の安政2年から昭和51年常磐炭礦叶シ部礦業所の閉山まで、121年間に約2億トンの石炭を産出した経緯がある。句集「弥勒沢」は次の句による
 天空のたらの花咲く弥勒沢
言 語 : 日本語
所蔵者 :結城良一 п@0246-43-2940
内 容 :ボタ山    昭和四十七年 昭和五十一年  
:仏具山    昭和五十二年 昭和六十三年
:月山     平成 元年    平成 七年
:弥勒沢    平成 八年   平成十六年
:あとがき
備 考 :略歴
昭和十年いわき市内郷に生る
昭和二十九年県立磐城高校卒業後常磐炭砿入社
昭和四十一年早大委託卒業
現在 福島県俳句作家懇話会監事
    排誌「浜道り」編集
    常磐炭田史研究会会員

戻る