かってこの地に炭鉱があった


標 題 :特集「炭鉱」
見出し 「かってこの地に炭鉱があった」
掲載紙 :日々の新聞
発行地 :福島県いわき市平谷川瀬字明治町83 日々の新聞社
・電話 0246-21-4881
掲載年月 1p,6〜9p
ページ数 :5p
大きさ :タブロイド版
抄 録 :「かってこの地に炭鉱があった」より
(前略) まちの炭鉱の宿命なのか、炭鉱が存在していたことの証はいとも簡単に次々壊され、消えていった。
 月日とともに、ありし日を知る人も少なくなっている。
 かって、この地に炭鉱があった。
 多くの人々がそこで生き、去っていった。
 いまも息づくわずかな残像が、ありし日を静かに物語る。
言 語 :日本語
所蔵図書館 : 
備考
内容 1p  かってこの地に炭鉱があった
6,7p 石炭発祥の地にはいくつもの小さな炭鉱がひしめいていた
・弥勒沢とその周辺の今昔
・ピラミッドのようなズリ山
・いわきの石炭事始め 片寄平蔵のこと
・炭鉱の名残をマップに 内郷ふるさと振興協議会
8p ありのまま時代を記録した 草野日出男さん
炭鉱の歴史を伝える 渡辺為雄さん
9p いまも炭住で暮らす 長岡さん夫妻
「母子想」のこと

戻る