後藤青峙句集 火口湖


書 名 :火口湖
副書名 : 
著者名 :後藤 青峙
出版 :ふらんす堂 
出版地 :東京都調布市
出版年月 :2002年5月
価 格 :2400円
ページ数 :194p
大きさ :20cm
抄 録 :(巻頭の一句)
「発破ぶつかけて大暑をゆすぶれり」(昭和37年)
:(巻末の一句)
「停泊の灯の点きはじめ涼新た」
: 跋
 後藤 青峙さんは、昭和7年の生まれというから、今年は古希に当たる。
 昭和37年、30歳のとき「氷海」に入会して、秋元不死男先生の教えを受けるようになった。
 当時、青峙さんは「黒ダイヤ」の採掘作業に従事して、常磐炭礦に勤務していた。炭礦には幾人かの俳人がいて、中央から著名の俳人を招聘し、俳句大会を催したものであるが、そのいずれにも青峙さんは、常に中心的な役割を果して活躍していた。(中略)
 また福島県俳句作家懇話会の常任幹事として、県内の俳壇のためにも寄与している。(以下略) 
    平成14年1月           高木 公園
言 語 : 日本語
所 蔵 :結城良一 п@0246-43-2940 
内 容 :序句 鷹羽 狩行
:昭和50年以前(73句)
:昭和55年〜同60年(48句)
:昭和61年|平成元年(51句)
:平成2年〜同4年(65句)
:平成5年〜同8年(56句)
:平成9年〜同12年(55句)
:跋  高木 公園
:あとがき
備 考

戻る