一空の俳句と俳句鑑賞

書 名 :一空の俳句と俳句鑑賞
副書名 : 
著者名 :佐々木一空
出版 : 印美書房
出版地 : 東京都文京区
出版年月 : 1977.8
価 格 : 非売品
ページ数 : 77p
大きさ : 19cm
抄 録 :  冬越す石(巻頭の一句)
 「寝ても貧し蚊帳の天井低く垂れ」
:  主張(巻末の一句)
 「海砂の貯木総立ち崩れる墓底」
言 語 : 日本語
所 蔵 :結城良一 п@0246-43-2940 
内 容 :句集
  冬越す石
  仕事の図
  主張
:俳句鑑賞
:『坑壁』評   諸家
:著者略年譜
備 考 :略年譜(より)
大正2年(1913)会津若松に生れる
昭和9年 宮城県の三菱細倉鉱山病院に勤める母 の妹の夫(俳号・佐野架空)のもとに下宿して働く 
昭和11年 叔父佐野架空に俳句をすすめられ、て  ほどきを受ける(叔父戦病死、中断)
昭和26年 この頃福島県の勿来炭鉱に働いていた が、炭鉱にも俳句会のあることを知って入会
昭和29年 処女句集『浜豌豆』を出版
昭和32年 第二句集『帽燈』を出版
昭和35年 第三句集『坑壁』を出版
 福島県文学賞を受賞
昭和37年 第四句集『無帽』を出版

戻る