炭砿離職者の閉山離職とキャリアの再形成 PartW


書 名 炭砿離職者の閉山離職とキャリアの再形成 PARTW
副書名 旧常磐炭砿KK砿員の縦断調査研究
編 者 藤見純子・島崎尚子・沢口恵一・開米與右衛門
発行者 早稲田大学人間総合研究センター
早稲田大学文学部社会学研究室
大正大学人間学部社会学研究室
出版地 東京都新宿区
出版年月 2001,7
価 格
ページ数 184p
大きさ 30cm
抄 録 はじめに
本書T部は、1997年9月、および1998年、1999年、そして2000年の各7月に、いわき市において実施された「常磐炭砿で働いた人々」調査の報告である。(中略)
有効回答数は1999年で300を超え、そして2000年には538になった。(以下略)
言 語 日本語
所 蔵 東部石炭懇話会
内 容 本書刊行にあたって
T部 「常磐炭砿で働いた人々」調査報告
・はじめに
・1章 元常磐炭砿労働者の現在
・2章 閉山時における離職者とその家族の状況
・3章 閉山離職後の職業キャリア
・4章 元従業員の家族キャリア
・5章 閉山後の健康キャリアと居住キャリア
・6章 元炭砿労働者の人生評価
U部 写真で綴る常磐炭砿
・はじめに
・T 坑外施設(127頁〜150頁)
・U 坑内施設(151頁〜170頁)
・・1、排水設備
・・2、採炭設備ー採炭機械&支保支柱
・・3、運搬設備
・・4、その他坑道と関連施設
・V 社内行事(171頁〜180頁)
・W 閉山:創業百年の歴史を誇る本州最大の常磐炭砿も閉山(181頁〜184頁)
備 考

戻る