炭砿離職者の閉山離職とキャリアの再形成 PartV


書 名 炭砿離職者の閉山離職とキャリアの再形成 PARTV
副書名 旧常磐炭砿KK砿員の縦断調査研究、1958〜2000年
編 者 正岡寛司・藤見純子・島崎尚子・沢口恵一・白井千晶・矢野佐和子
発行者 早稲田大学人間総合研究センター
早稲田大学文学部社会学研究室
大正大学人間学部社会学研究室
出版地 東京都新宿区
出版年月 2000、9
価 格
ページ数 391P
大きさ 30cm
抄 録 :「本書刊行にあたって」より
 ・・・第2次研究プロジェクトは、2つの研究課題からなる・・・
 1つは・・・(昭和46年四月29日=磐城砿業所の大閉山)での閉山離職者の全員を確定すること、・・・
 もう一つの研究課題は、わが国を代表する大手炭砿企業のひとつであった常磐炭砿KKおよび常磐炭砿労働組合(砿員ならびに職員)の歴史的変遷を、一つの事例として、第二次大戦後におけるわが国石炭鉱業の消長、そして石炭鉱業の終焉過程の一端を明らかにしようとする・・・・
言 語 :日本語
所 蔵 :財団法人東部石炭懇話会
内 容 本書刊行にあたって
T部 大閉山による大量解雇者の発生と直後の対応
・1章 閉山誘導製作と常磐炭砿の閉山
・2章 「整備閉山」による脱構築の過程
・3章 「閉山離職者」数の推定と離職者データベースの構築
・4章 分析用データセットの設計
・5章 就職対策本部の対策と再就職の推移
・6章 大閉山にともなう炭砿住宅の再編
・7章 閉山を目前にした炭砿労働者
・8章 閉山離職者の再就職
・9章 閉山時における離職者の家族状況
・10章 新会社「西部炭砿」への就職
U部 「常磐炭砿で働いた人びと」調査
・はじめに
・1章 元常磐炭砿労働者の現在
・2章 職業キャリア
・3章 家族キャリア
・4章 身体・健康キャリア
・5章 居住キャリア
・6章 家族と職業キャリア
・7章元炭砿労働者の人生評価
V部 常磐炭砿の歴史社会学(1)
・1 産炭地域振興政策における住宅・生活環境整備
・2 常磐炭田における朝鮮人労働者
使用資料一覧
備 考 2003,9,11

戻る