母の海 加藤一好詩集 


書 名 :母の海
副書名 : 
著者名 :加藤一好  
出版 : 
出版地 : 福島県いわき市
出版年月 : 1983、5、15
価 格
ページ数 : 126p
大きさ : 21cm
抄 録 :『母の海』に寄せて
 加藤一好君とは、もう二十余年も、会っていない。
 私が平に住んでいたころは、常磐炭礦で働いていたが、閉山後、いくつかの職業を経ていると仄聞していた。
 加藤君が詩集『もぐらの歌』を上梓されたのは、昭和32年であった。痩身だったが、坑内夫としての逞しさと、その労働の所産が『もぐらの歌』に結晶し、かなりの評判を得たものだった。(以下略)
                    真尾 倍弘
言 語 : 日本語
所 蔵 : 結城良一 п@0246-43-2940
内 容 第一部 黒の喪章 に
・廃坑
・ある男の死(一)
第二部 母の海 に
・女坑夫
備 考  著者略歴
1924 福島県いわき市平字北白土に生まれ
1957 詩集「もぐらの歌」
    「時間」「氾濫」「エリア」同人を経て
    現在(出版当時)「鴉」「蒼海」同人
    福島県現代詩人会会員

戻る