鳥居 敏文

1908 新潟県村上市に生れる
1931 東京外国語学校卒 
1932〜35 渡欧。パリ・アカデミー・グランドショーミエル、シャルル・ブラン教室に学び、後   林武に師事
1937 独立展に初出品
1939 独立美術賞受賞
1943 独立展で岡田賞受賞、同年決戦美術展で朝日新聞社賞受賞
1943〜44 文展無審査出品
1946 独立美術協会会員に推挙される
1960 米国サクラメント市クロッカー美術館「独立6人展」に出品
1963 独立展でG賞受賞
1964 林武とその門下生による「欅会展」を結成、出品
1967 米国サンノゼ市ロンクルーシャン美術館「日本現代作家招待展」に出品
1978 日本美術か連盟監事就任
1979 「人物画入門」を執筆。(保育社出版)
1982 叢人会を結成
           (「つれだっていわきを描いた作家たち展」の図録より抄出)


炭坑の町 1959 油彩 キャンヴァス 53*65.2 いわき市立美術館
炭坑の町にて 1956 油彩 キャンヴァス 50*60.6 いわき市立美術館
炭坑の家 1956 鉛筆、
色鉛筆
24.5*35.7 いわき市立美術館
炭坑の人 1956 鉛筆 35.7*24.5 いわき市立美術館
雪のズリ山 1956 鉛筆、
コンテ、水彩
24.5*35.7 いわき市立美術館
昼餉 1956 コンテ 24.5*35.7 いわき市立美術館
切り羽に向う 1956 鉛筆、
コンテ
35.7*24.5 いわき市立美術館
入坑の前 1956 鉛筆 35.7*24.5 いわき市立美術館

戻る