佐藤 忠良

1912 宮城県黒川郡に生れる
1917〜32 北海道に育つ
1937 国画会展に出品、奨励賞受賞
1938 国画会展に出品、国画会奨学賞受賞
1939 東京美術学校彫刻科卒業 国画会展に出品、褒章受賞、新制作協会彫刻部会創   設に参加
1940〜43 新制作協会展出品
1944 兵役に招集され満州へ渡る。シベリアにて抑留生活(〜48)
1947〜57 新制作展に毎年出品、この間1053年国立近代美術館に「群馬の人」が収蔵さ   れる
1956 「常磐の大工」を制作
1958 朝鮮及び中国より招請を受け訪問
1960 高村光太郎賞受賞 札幌大通り公園に「開拓の母の像」を設置
1964 札幌北海道銀行に、本郷新、山内壮夫両氏と共同にてレリーフ制作設置
    1963年作「うずくまる裸婦」文部省に収蔵される

1974 毎日芸術賞受賞 「帽子・あぐら」で芸術選奨・文部大臣賞受賞
1975 「カンカン帽」で中原悌次郎賞受賞
1975・76・77 長野市屋外彫刻賞受賞
1981 パリ・ロダン美術館にて個展を開催
    フランス、アカデミー・デ・ボザール(美術アカデミ^)の客員会員に推挙される
1983 ニューヨーク・ウィルデンスタイン画廊にて個展を開催
         (「つれだっていわきを描いた作家たち展」の図録より抄出)

常磐炭坑・煙突 1956 コンテ、
ボールペン、
水彩
21*21 いわき市立美術館
常磐・ズリ山風景(1) 1956 鉛筆 13.2*16 いわき市立美術館
常磐・ズリ山風景(2) 1956 鉛筆 25.2*30.8 いわき市立美術館
古河炭鉱・ズリ山 1956 鉛筆、コンテ 29*37.5 いわき市立美術館
常磐炭砿・選炭場風景 1956 コンテ 21*20 いわき市立美術館
小田炭砿 1956 鉛筆 25.2*30.7 いわき市立美術館
炭坑(ヤマ)の道 1956 鉛筆 30.7*25.2 いわき市立美術館
常磐・たて坑 1956 鉛筆 30.7*24.5 いわき市立美術館
小田炭砿・大工1 1956 鉛筆 30.7*25.2 いわき市立美術館
小田炭坑・大工2 1956 鉛筆 30.7*25.2 いわき市立美術館
坑夫 1956 鉛筆 35.4*25.2 いわき市立美術館
坑夫・常磐 1956 鉛筆 28.4*14.5 いわき市立美術館

戻る