森 芳雄

1908 東京麻布に生まれる
1923 白滝幾の之助のもとで木炭デッサンの手ほどきを受ける
1926 慶応義塾普通部過程終了。東京美術学校を受験して失敗
1929 1930年協会洋画研究所に学ぶ
1930 1930年協会洋画展に初出品。入選
    二科展に初出品。入選
1931〜34 滞仏。サロン・ドートンヌに出品。入選。    
1936 独立展に出品。「D賞」を受賞。
1937 独立美術会会友に推薦される
1939 自由美術展に出品
1943 戦争は激化し、絵画生活は困難となる。当方撮影所特殊映画部に勤務
1945 爆撃により戦前の作品の殆ど全部を失う
1947 日本アンデパンダン展に出品。
1951 サンパウロ・ビエンナーレ展に出品。
1972 東京藝術大学の非常勤講師となる。
1975 「早春」が宮内庁買上(英国王室へ贈進) 
             (「つれだっていわきを描いた作家たち展」の図録より抄出)

坑内にて・切羽 1956 鉛筆 20.3*27.8 いわき市立美術館
坑内にて・弁当 1956 鉛筆 20.3*27.8 いわき市立美術館
坑内にて・坑道 1956 鉛筆 20.3*27.8 いわき市立美術館

戻る