熊坂 行夫

1946 福島
    新世紀展、日本の自然を描く展、銀座大賞展等入選
    白亜美術協会展沖田賞、白亜賞2、奨励賞、優秀賞
    現代洋画精鋭選抜展入賞
    白亜美術協会委員

原風景としての黄昏 2002 油彩 キャンヴァス 100号
白亜会展(東京都美術館・上野 12月10日より)に 上記「原風景としての黄昏」を 出品 
    「作者のコメント」
 普段は 自然の風景を描いていて そこには生活感といううものはほとんどありません
 15才までを過ごした炭住での暮らし・・・長屋全体が一つの家族のようであり 貧しくとも活力に満ちていた幸せな時間は いや応なく私の原風景であり 一度は描かねばならぬものでした   2002、12、1
 尚、「原風景としての黄昏}は 2003年6月1日〜15日 平サロン 菊地正男展に 賛助出品されました
                    戻る