伊藤 和子
 遠く風花の舞う正月4日、若い日本美術会会員の6人が 胸躍らせて訪ねた古河好間炭坑。その頃すでに先輩がたは 各地の炭坑を訪れ作品発表もされ、カメラや報道の取材も活発でした。時代の矛盾を正面に迎えた炭坑の濃い社会性が 私たち美術家の関心を育てます。戦後の厳しい混乱からようやく抜け、新しい価値観を求め、視野を広げ展開したいという 表現意欲も高かったのです。海外でのネオ・レアリズムの動きとも呼応した、貧しくても意気にあふれた時期でした。
 炭坑は心広く迎えて下さいました。組合の保安生産部長・教宣部長のご案内で キャップライトのヘルメットに作業服・脚半・地下足袋の身支度です。導かれるままにエレベーターで、地下の凄い強送風にあおられつつ、地下800mの坑道に降り立った時の感覚は それまでの心のサイズを大きく揺さぶり変えるものでした。冬の晴天の背に視野いっぱいの構築ーーー第2縦坑と選炭櫓の規模は生産のシンボルとして 虚構のかけらも無い 人間の意志の暖かさを 分厚く含んで美しい存在でした。花鳥風月の垣を越えた新しい感動です。作業現場の厳しさと自身への集中を考え 主に戸外をたどりました。僅か2日の滞在です。息をつめて立尽して描きました。軽いスケッチでは気持が納得せず、時間をかけたデッサンになりました。炭坑に生きる人びとの姿が重なり私の内面の密度を求めます。ズリ山は逆光に映えて黒さの陰影は複雑です。
 その後2年近くかけて油絵作品2点とし、銀座での初個展に発表しました。幸い評価も頂き、現在も描き続けていますが 時に迷いながらも、あの時に受けた感動の質は貴重で 決して風化させてはならない表現の支えとしています。
                      2004年1月26日  伊藤和子
                 略      歴
1927 東京世田谷に生まれる   1946  女子美術洋画部3年修了   
1948 第2回日本アンデパンダン展出品、日本美術会会員
1958 1月4〜5日 古河好間炭坑へ写生旅行・入坑
1959 世界青年学生平和友好祭(ウイーン)へ「少年達」を出品、絵画部門銅賞授賞
        第1回個展・銀座櫟画廊・11月・油絵作品「第2縦坑と選炭櫓」(80F)「ボタ山への道」(50F)を出品する
1960 櫟画廊選抜展 自由美術協会新会員
1964 日本現実派・結成参加 
    版画交流展(ルーマニア)に日本美術会代表として招聘参加
1969 日本現実派解散
1978 自由美術展平和賞受賞
1079 文化庁・現代美術選抜展 
1987 日本美術会退会
1998 個展「敗戦からの出発」に第2縦坑と選炭櫓・ボタ山への道の油絵・デッサンを出品 企画・銀座・アートギャラリー環
1999 東京展(都美術館)の特別企画展・ロシア現代画家2人展(作品30点)を企画推進し実現する
2000 世田谷美術展・世田谷美術館主催に出品 以後連続出品
2003  ベルリンにて個展・11月14日〜12月13日
     この間に個展23回・企画展・グループ展で発表

2004年1月現在 自由美術協会会員、日本美術会会員 世田谷区に在住

第2縦坑と選炭櫓 1959 油彩 キャンバス 80F
ボタ山への道 1959 油彩 キャンバス 50F
縦坑入口 1958,1,4 コンテ・チョーク・水彩 54.8*38.3
ボタ山への道 1958,1,4 コンテ・チョーク 37.3*54.5
第2縦坑と選炭櫓 1958,1,4 鉛筆・水彩 37.4*54.5
ボタ山近く 1958,1,4 コンテ・チョーク・水彩 38.5*54.5

   これらの絵画のホームページ掲載は 現在 作業中です

戻る