常磐炭砿硬式野球部 戦歴
常磐炭田史の記事 補遺(出沢政雄氏による)
昭和 22年 硬式野球チームを編成
昭和 24年 石炭販売の自由化以後は 社名の宣伝と従業員慰安の目的 でこれを 強化
この頃 石城地区の高校を卒業 した選手を中心に 大学卒の選手も積極的に採用
昭和26年 1月 早大出身の谷口五郎を監督として招 いて
昭和26年 5月 第5回ベーブルース杯争奪野球大会
(桐生球場)
1回戦 協和発酵2:4
2回戦 富士鉄室蘭 5:2
10月 湯本町に5 ,000人の観客を 収容できる準公式の浅貝球場 を造成
昭和27 年 都市対抗東北大会では初優勝を獲得した 第23回全国大会(後楽園)
1回戦 日本石油6:7
2回戦 全鐘紡(優勝) 4:1 
昭和28 年 2月 谷口監督が・・・ 辞任したのちは、同 チーム 創設時の選手であった坂本 徳治がチームの強化にあたった。  谷口監督 巨人軍コーチとなる
坂本義一(元阪急ブレーブス)が監督
になる
5月 第7回ベーブルース杯争奪野球大会
(川崎球場)
1回戦 大昭和製紙 2:0
昭和29 年 5月 第8回ベーブルース杯争奪野球大会
(草薙球場)
日本軽金属 2:1
8月 第1回選抜都市対抗野球
東日本大会(室蘭 富士球場)
富士鉄室蘭 4:1
昭和30 年 5月 第9回ベーブルース杯争奪野球大会
(川崎球場)
東京ガス 4:5
東洋紡冨田 3:1
8月 第2回選抜都市対抗野球
東日本大会(富士鉄釜石球場)
日立製作所 5:6
富士鉄室蘭 4:0
昭和31 年 出沢政雄 監督となる
昭和32年 5月 第11回ベーブルース杯争奪
野球大会(富山球場)
熊谷組 5:2
8月 第4回選抜都市対抗野球
東日本大会(福島信夫ヶ丘球場)
富士鉄室蘭 2:0
昭和33年 5月 第12回ベーブルース杯争奪
野球大会(室蘭富士球場)
明電舎   1:4
富士鉄室蘭2:3
日本生命 9:2  (準決勝)
7月 第29回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
日本石油 4:2(日本石油 優勝)
8月 第5回選抜都市対抗野球
東日本大会(札幌中島球場)
日本通運 4:1
昭和34年 全国大会では常磐の近藤功投手と出 沢政雄二塁手が、東北代表の釜石製鉄チームの補強選手として出場し、釜石チームの準優勝に力を貸した。 森田政一、南温平も補強選手として出場出沢政雄は久慈賞を受賞
昭和35 年 8月 第31回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
松下電器 3:0
昭和36 年 大沢紀三男(元日本ハム監督大沢
啓二の実兄)が監督となる
7月 第32回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
川崎トキコ 1:2
(近藤投手延長13回を力投        村田滋のサヨナラホームラン)
小西酒造 3:1
昭和37 年 7月 都市対抗全国大会に出場 第33回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
西請運輸 0:1
日本石油 6:0
10月 炭況不振のため解散
この 間 福島県を代表するノンプロチームとして活躍 、「ベーブルース杯争奪 東北 大会」に7回、都市対抗東北大会に5 回の優勝を記録 した。
都市対抗全国大会では力量を発揮 しえず、2回戦までの進出で終った            
昭和39 年 11月 常磐炭砿の系列会社による総合チーム「オール常磐」として再発足
昭和40 年
昭和41 年 7月 都市対抗全国大会はじめて準々決勝まで勝ち進み、近藤功投手が優秀選手として表彰された 第37回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
三菱重工名古屋 0:1
(近藤投手快投)
日本通運 1:2
(延長15回 蔵本勇決勝
ホームランを放つ)
日本石油 10:0
応援団コンクールで最優秀賞を受賞
(習技生達と常磐ハワイアンセンターダンシングチーム)
昭和42 年 全国大会に進出
昭和43 年
昭和44 年
昭和45 年 7月 全国大会に進出、常磐ハワイアンセンターのダンシングチームによる華麗な応援に対して応援団賞が授与された 第41回都市対抗野球全国大会
(後楽園)
電電東海 3:4
日本石油 1:0
昭和46 年 2月 常磐炭砿磐城砿業所閉山の年に 歴史を閉じた

戻る